今回カメムシが洗濯物に卵を産み付けるという情報を耳にしたので、カメムシが洗濯物に卵を産み付ける理由とその対策について迫っていきたいと思います。

カメムシが洗濯物に寄り付く理由

まずはカメムシが洗濯物に寄り付くメカニズムを理解することから始めていきたいと思います。

カメムシは基本白いものにくっ付く習性があると言われています。

虫がよく光に集まるように、白いものには光を反射しやすいので、紫外線が白いものに反射して、その光にカメムシが寄り付くわけです。

そしてカメムシは洗濯洗剤の残り香に寄り付くとも言われているので、その二点の条件をもとに集まっているのではないかと言われております。

カメムシが洗濯物に卵を産み付けてしまうわけ

説明した通りカメムシが単純に洗濯物に寄り付いてしまうことは説明しました。

普通に寄り付いてしまうことが多いだけでも、卵を産み付ける理由になるのですが、先程の条件が重なりあって卵を産み付けやすい環境が出来ているので、その環境からさらにカメムシが洗濯物に産卵してしまう条件が出来てしまっています、それはカメムシは基本的に暖かいところや自身が隠れやすいところに集まり卵を産みます、ここで考えてほしいのは洗濯物がどういうところにあるかです、洗濯物は乾かすために日があたるところで干します、そうすると必然的に暖かくなります。

そして洗濯物の衣類の中などはカメムシが隠れやすいとも、とらえられますつまりは寄り付きやすく産卵しやすい環境下などで洗濯物に卵が付着しやすいのではないかという推論に結び付くのです。

カメムシ 卵 洗濯物 対策

じゃあ、その対策は?

対策法はまずカメムシが寄り付かない環境を作ること、カメムシは実はミントなどのにおいに弱いとされています。

なのでミントなどのにおいがするものを置くか、市販で売っているカメムシが寄ってこないようにするスプレーなどを使って、寄り付けないようにすることが一番簡単な方法だと思います。

また洗濯物を干すベランダとかにむやみに植物などを置かないこと、庭ならば雑草や落ち葉などを綺麗にしておくことが大事です。

カメムシは虫なので洗濯物でなくてもそういう環境があるといついてしまう可能性もあるので、そこはなんとか対策しておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

このようにカメムシに対する対策はありますし、方法も比較的簡単かと思います。ですが環境によっては、簡単に駆除しきれる場所も存在するので、そこはより工夫を凝らす必要があると思います。

スポンサードリンク