カメムシが洗濯物などにつくことってありませんか?

ただ洗濯物につくだけでも迷惑なのに、変な白いぷつぷつが!?これって卵!?

なんて選択ものに産卵なんてされたらたまったもんじゃないですよね!

今回はカメムシが洗濯物やベランダで産卵する理由や対策などを記事にしていきたいと思います。

カメムシが洗濯物やベランダに寄りつく習性

まずカメムシがなぜ洗濯物やベランダに寄り付くのかを調べていきたいと思います。

調べてみたところ有力な説は、カメムシなどの虫は光に寄り付く習性(公園とかの電灯に虫が集まる感じ)があり洗濯物は基本的に日光などの光が当たるところに干すので、それに主に白いTシャツなどに光が反射した偏光などに寄り付いているのが一つ。

二つ目は洗濯洗剤の残り香などに反応してくっついているという説です。

もともとカメムシは暖かいところが好きで、日が当たって暖かくなっている上にこれらの条件が重なれば集まってくるのにもうなずける気がしますね。

カメムシ 卵 ベランダ

そういうときの対策など

単純にベランダに寄りつけないようにする対策だと、カメムシはハーブやミント系のにおいに弱いため、そういうにおいのするものを虫よけとして置く、一番楽なのは市販でカメムシ対策のグッズが売っているのでそれを買うことをおすすめします。

そしてもう一つの対策は実際に卵をつけられた場合です。

第一候補にあげられるのは力ずくで剥がしてしまうこと、とにかく見つけたら剝がさないと10日前後で生まれて大変なことになるので、すぐさま剥がしてしまいましょう!

ただ実際に直接触るのには抵抗がありますよね~!

そういう場合はガムテームなどを使って触らないように工夫して剥がすのが効果的ですね!

また網戸などについた場合は燃やしてしまうという人もいるみたいですが、その場合家事などにならないように細心の注意を持って行ってくださいね!。

スポンサードリンク

まとめ

このようにまずはカメムシを寄らせないこと、ベランダに植物などを置かない、カメムシが苦手なにおいのものを置く、虫よけのスプレーなどの市販のグッズを置くから試してください!それでも卵をつけられた場合は物理的に剝がすしかないみたいですね、、、なるべく寄らせないように頑張りましょう!。

スポンサードリンク