今回はカメムシってどの時期に活発なのだろうか?

という疑問がわいたので調べてみました。

そもそもカメムシってどの時期に発生するものなの?

調べてみますと春から秋の間の季節に多く発生するみたいです。

その時期にカメムシは卵を産み、7日~10日のぐらいで生まれて増殖するらしいです!

気になる一回の産卵する卵の数ですと少なくても10個程度、多いとなんと100個以上になることもあるとか、、!!びっくりですね!それはカメムシの種類によって変わってくるみたいです。

気温との関係性

上記で説明したように春や秋に発生することが多いのですが、主に暖かい時期に活動し、寒い時期は産卵期に向けて蓄えて冬眠してるらしいんです!カメムシって冬眠するんですね。

ここで調べていて驚いたことは冬眠するときもなるべく暖かい場所を選ぶんですが、そこでなんと家の中に入ってきて、冬眠することもあるみたいなんですよ!てことはまさか家のどこか隅っこでカメムシが冬眠してるなんてことも、、、!!驚愕ですね!!主に山や木下石などの隙間で冬眠するらしいんですが、カメムシたちからしたら暖かくて安全な狭いところなら関係ないみたいですね!

カメムシ 発生 気温

カメムシの弱点?

カメムシは暖かいとこを好み、寒いのは苦手の寒がりのようですが、色々調べると興味深い話も出てきました。

それはカメムシは雪に弱いという情報です。

暖かいところで冬を越すカメムシたちは雪(特に大雪)などがたくさん降ると寒くて冬を越せないということ、なので雪が降ることが多い年などの次の年にはカメムシの数が減るという説もあるそうです。

特に雪が降ると山は余計に寒くなり、冬を越すには厳しいので街のほうに降りてきて冬眠場所を探すとか、翌年数が減ってくれるのはいいですが、それで街のほうに大量に降りてこられても困りますよね、、。

スポンサードリンク

まとめ

今回はカメムシの発生時期から気温の関係性について調べてみましたが、調べるうちにカメムシの生態や弱点まで知ることになりました!やはり生物にとって気温の関係性はおおきいとうことですね!ここまでカメムシのことを調べることも中々ありませんが、調べていくと面白いこともたくさんありました!興味がある人は一度調べてみてもいいかもしれません(笑)それでは今回はここまでで!いいカメムシライフを!。

スポンサードリンク