洗濯をしていたらカメムシがついていた!!なんてこともあったことがあるかもしれません。

せっかく洗濯したのにカメムシの臭いがついたりしたら最悪ですよね~、、こういうときにどう対処するか、カメムシの生態を調べながら考えていきたいと思います。

カメムシが洗濯物につく理由は?

カメムシが洗濯物につく理由はあるのでしょうか?

たまたま外に干してあったからくっ付いたのか、明確の理由が存在するのか、そこからの疑問を解いていきたいと思います。

カメムシはまず習性てきに白いものによってくると言われています、それは色々説がありますが白いものは光の反射をしやすいということで、虫というのは光に寄って行く習性があるので、公園の街燈とかに虫が寄っているのと同じような理由だと思われます。

あともう一つ有力なのはカメムシは基本暖かいところが好きだということです、特に秋口から冬の間は暖かいところをつねに探しています、その途中で陽だまりで暖かくなっている洗濯物を見つけたら、そこで一休みしてしまうものです、、迷惑な話ですがカメムシに居心地がいいのでしょうね。

つまりこれらの情報を集めると白いものに集まる傾向があり、しかも白いものは日光にさらすと暖まりやすいのでカメムシにとっては最高の条件だということがわかりました。

それではどう対処するばいいか?それを2で考えていきたいと思います。

カメムシ 洗濯物 時間

カメムシが洗濯物につかないようにする方法はあるのか?

まず一つ目の対処法はタイトルにもあるように時間帯を調節することで回避する方法です。

主に洗濯物につくカメムシの種類はマルカメムシ、クサギカメムシ、スコットカメムシの三種類が多いみたいです、それではこれらのカメムシの活動時間に注目していきたいと思います。

まずマルカメムシですが14時から16時半ごろまで、スコットカメムシが14時ごろに頻繁に活動、クサギカメムシは9時半から14時半ぐらいまでつまりこれらのカメムシの活動外の時間に選択すれば最低限は避けれるとのことです、ただこの方法だと結構めんどくさいですね。

選択の時間も限られてしまいますし、そういう場合はカメムシの苦手なミント系のにおいを利用するのが効率的ですね!実際カメムシ対策のミント系などのカメムシの苦手なにおいを選択につける市販のものも売っていますので、そちらを利用するのが最適化と思います。

スポンサードリンク

まとめ

このようにカメムシの習性を知っておけば、対策も立てられますね!現在カメムシ対策のグッズもたくさん売っているので、本当に困っている場合は、そちらを利用してくださいね。

スポンサードリンク