夏も終わりごろの過ごしやすい季節、なぜかカメムシをよく見かける機会が増えますよね。

地域によっていろいろ呼び名があるようですが、別名「ヘコキムシ」などと呼ばれるように臭いに関してはみなさん「クサイ」という認識がある虫だと思います。

カメムシをただ見つけただけでは臭いはしないはずです。

退治しようとして失敗してしまった時や、うっかり触れてしまった時に臭いを感じる経験をした方がほとんどでしょう。

つまり刺激をしなければ特に臭いを出されることは無いということです。

カメムシは自分の身に危険が迫ると、身を守る手段として臭いを出すのです。

自分以外にも周囲の仲間に危険を知らせたり、仲間を引き寄せる作用もあります。

カメムシの臭い成分

カメムシの嫌な臭いは酸によるもので、種類によって違いはあるものの主にオクテナールヘキサールディセナールなどの成分からできています。

青臭い悪臭の元となる主な成分はトランス2ヘキセナールという物質です。

別名青葉アルデヒドとも呼ばれています。

このトランス2ヘキセナールは親油性であるため非常に油に溶けやすい物質です。

そのため手についてしまった臭いを消し去るには、まず食用油やオリーブオイルなどを手に塗ってから石鹸洗浄することで臭いが取れます。

確実な方法ですので覚えておくといいでしょう。

カメムシ 臭い 気絶

カメムシは自分の臭いが苦手?

強烈な臭いを感じるのは、人間や周囲にいる生物だけではありません。

なんとカメムシ自身もあの悪臭には耐えられないのです。

密閉空間にカメムシを数匹入れ、1匹に刺激を与えて臭いを放出させます。

その臭いを感じたほかのカメムシも危険を感知して臭いの放出をします。

あとは…おわかりの通り、次々に臭いを発するカメムシたちのおかげで密閉空間は悪臭で充満します。

その臭いに耐え切れなくなってカメムシは集団で気絶してしまうのです。

自分たちもあの臭いがくさいと感じるんですね。

カメムシの成虫を好んで捕食する生き物が少ないのもなんだか頷けます。

スポンサードリンク

まとめ

カメムシ自身が気絶するような臭いは避けたいですし、とにかく出会ってしまったら刺激しないことが鉄則ですね!屋内だと臭いが充満してしまいますから、退治する際は気をつけてください。

スポンサードリンク