カメムシの臭いは科学的にどんな成分があるのでしょうか?

その成分について学びました。

また、その臭いは生き物にとって有害か?

を調べました。逆に臭くないカメムシ。

臭いを出さないカメムシはいるのでしょうか?

臭いイメージのあるカメムシについて学びました。

カメムシの臭いの成分とは?

カメムシの臭いの成分は青葉アルデヒドの異名を持ちます。

木の葉や草の出す青臭い成分です。

成分は、ヘキサナールオクテナールディセナールなど「トランスー2―ヘキサナール」といわれ、主成分のアルデヒドは生物にとって有害です。

ホルマリンはホルマリンアルデヒドの35~38パーセントの水溶液です。

アルコールが分解されたアセトアルデヒドは、二日酔いの原因でもあります。

生き物に害がありました。

カメムシ 茶色 臭くない 匂い

臭くないカメムシはいるのか?

種類がたくさんいるカメムシには、実は臭くないカメムシもいます。

人間が悪臭を感じるカメムシは全体では実はそれほど多くはないのです。

逆にいい匂いを発するカメムシもいます。

オオトビサシガメやオオクモヘリカメムシがそうです。

臭いカメムシは、ヘリカメムシ科やカメムシ科に属しています。

キンカメムシ科やサシガメ科には匂いがいいもの。

臭くなくて匂いもしないカメムシが多いです。

スポンサードリンク

まとめ

もしカメムシに刺された場合は、お医者さんへ行きましょう。カメムシは人を刺すことはあまりありませんということですが、カメムシにはサシガメといって動物の血を吸う種類もいますので、無理に刺激したりしないようにしましょう。危険を察知すると、刺した場所に毒液や消化液が注入され、大変痛いとのことです。

カメムシの消化液や毒はそれほど強くはないそうですので、大きな心配はしなくても大丈夫とのことです。

カメムシに臭くない種類がいるなんて初めて知りました。また、いい匂いを発するカメムシまでいるなんて、生き物は調べれば調べる程不思議ですね。

知っておいて損はないと思いました。

 

スポンサードリンク