嫌われやすいカメムシの駆除や防除について、また、カメムシの天敵について学びました。

天敵はどれくらいいるのでしょうか?

大事な農作物のために駆除や防除にはどんな方法があるのでしょうか?

カメムシが大量発生する時には特に注意しましょう。

駆除や防除は特にこれから農業をする方にとっては知っておいて損はないと思います。

カメムシの駆除と防除

カメムシの駆除には、農家ではアルバリンなどの農薬を使用したりします。

また、カメムシは香りの強い植物が苦手です。

その場合は、ハーブ類などを植えることや、ハッカ油のミントなどの匂いを散布することで効果があります。

マラソン乳剤やスミチオン乳剤の有機リン系殺虫剤は効果がありまし、第3世代のネオ二コチノイドとよばれるスタークルは、水植では確かな防除効果があります。

室内では殺虫剤などであらかじめ壁などを処理しましょう。

または、侵入してきたらバルサンなどを使うのがいいでしょう。

洗濯物のあるベランダなどにはハーブ類を植えましょう。

カメムシ 駆除 防除 天敵

カメムシの天敵

カメムシの天敵は、以外に多く。

カマキリや鳥

クモや寄生蜂などで、トカゲやカエルなどの爬虫類や、トンボ、アリといます。

ヒメハナカメムシはカメムシの中で、カメムシを食べます。

カメムシの卵を食べる虫もいます。

オオトビサシガメやグンバイメクラガメや、ゴミ虫がいます。

中でも有名な天敵は寄生蜂です。

カメムシの卵に、卵を産んで、その寄生蜂の幼虫がカメムシを食べます。

ミミカキタケといわれるキノコはカメムシの成虫に寄生して栄養を吸収して成長します。

別名はカメムシタケといわれます。

スポンサードリンク

まとめ

カメムシが大量発生の時には防除や駆除で対処しましょう。また、天敵が多かったのが驚きました。

カメムシの種類はとても多いですが、中でも害虫のカメムシにはしっかりした知識で駆除や防除をすれば安心ですね。

ハッカ油のミントなどは水に薄めてスプレーするのがいいそうです。

カメムシは過度に刺激すると噛んだり悪臭を放ちますので、気を付けましょう。

 

 

スポンサードリンク