カメムシの臭いってほとんどの人が「クサイ!」って言うと思います。

あのクサイ臭いの正体は、カメムシが出す分泌液。

危険が迫っていると感じたときにカメムシが出すもので、自分の身を守るためと、もう一つ、近くにいる仲間にも臭いで危険を知らせる役割も持っています。

なので、私たちがカメムシを急に触ったり掴んだりしたときに、臭いがついてしまうのも当然と言えますね。

この臭いが厄介なのは、一度ついてしまうと石鹸で洗ってもタオルで拭いてもなにをしても、なかなか取れないところ。

しかし、ある物を使うと、この厄介な臭いも簡単に取ることができるのです。

クサイ臭いをとるには油

臭いにおいのもとである分泌液は、油に溶けやすい性質を持っています。

そのため、油を使うと簡単に臭いを吸着させて取ることができるのです。

使うのは台所にある食用油で構いません。

石鹸で手を洗う前に、食用油を揉み込むようにして、手になじませてください。

そのあと、お湯で軽く油を洗い流して、石鹸でしっかり洗えばOKです。

カメムシ 臭い 消し方 手

カメムシを素手で触らない

住居に侵入したカメムシを駆除しようとしたときに、臭いを手につけたくなかったら絶対に素手で触らないこと。

カメムシ用の殺虫剤を使ったり、ガムテープビニール袋などの臭いを通さない素材のもので捕獲したり、もしくは瓶やペットボトルに水を張ってその中にカメムシを落とすという方法もあります。

殺虫剤は普通のものだと即効性に欠けるので、カメムシ専用のものが良いでしょう。

予防もかねて住居の隙間にスプレーしておくのもおすすめです。

ちなみに、一見すると簡単そうな“掃除機で吸い込む”方法ですが、これだと吸い込んだカメムシがクサイ臭いを出して、掃除機をかけるたびに排気口からクサイ臭いをばらまいてしまうことになります。

スポンサードリンク

まとめ

カメムシのあのクサイ臭いの正体は、カメムシが危険を察知したときに分泌する液によるものです。分泌液は油に溶けやすい性質を持っているため、手についたときには食用油などをなじませて落とすと良いでしょう。

カメムシを捕獲するときには素手で触らないこと。掃除機で吸い込む方法も、排気口からクサイ臭いが漏れてしまうのでおすすめできません。

 

スポンサードリンク