カメムシが家の中に入るのは,どこからなのでしょうか。

また,カメムシを駆除する方法などについて調べました。

カメムシの家屋侵入とその対処法

カメムシは窓枠や網の付いていない換気扇などから家屋に侵入するといわれています。

また,洗濯物について,家の中に入ってきたりします。

カメムシは2mm程度の隙間があれば,家の中に侵入できるといわれています。

ですから,窓や玄関,換気扇だけでなく,天井や床下,ドアの隙間,エアコンなど家に入り込む隙間はいくらでもあります。

ですから,これらカメムシの侵入経路である網戸や窓,カーテンなどには,カメムシ用の忌避スプレーやハッカ油(ミント)などを混ぜた水をスプレーするという方法もあります。

大量侵入の場合は,進入経路を探し,考えられる隙間を見つけたら,そこをパテなどでふさぐことです。

ふさぐのが難しいのであれば,カメムシ用の燻煙剤を用いると効果的だと思います。

そして,洗濯物を入れるときは,よくチェックして,カメムシがいれば必ず外で払い落としましょう。

そのとき,臭いが付いたら大変ですから,できるだけ刺激を与えないようにしてそっと払い落とすことが必要です。

大量発生の時期にはカメムシを寄せ付けなくする忌避剤を使うのも有効です。

ただし,忌避剤はカメムシの種類によっては全く効果のないものもありますので,注意して使ってください。

カメムシ 窓 隙間

その他の対策

カメムシは危険を感じると悪臭を放つ性質があるので,触ったり刺激を与えたりせず,あまり驚かせないようにすることが大切です。

掃除機で吸引すると,掃除機の中でカメムシが悪臭を放ち,掃除の度にカメムシの臭いが充満してしまうことになる場合もあります。

悪臭なして家から外に追い出したいなら,とにかく刺激を与えずに外に出す方法をとることが重要です。

チッシュペーパー数枚使ってそっとカメムシにかけ,カメムシがティッシュに付いたらそのままビニール袋に入れて外に逃がせばいかがでしょうか。

また,カメムシを瞬間的に凍らせるスプレーを使うのも一つの方法です。

発する前にカメムシを退治できますが,すぐに外に捨ててください。

そうしないと臭いを発してしまいます。

スポンサードリンク

まとめ

カメムシの臭いの成分に,トランス-2-ヘキセナールなどがあります。これは水ではなかなか落ちないので,手に付いた場合は,オリーブオイルやサラダ油でこすってから石けんで洗うと落としやすいそうです。また,家具などに臭いが付いた場合は,柑橘系の中性洗剤で拭き取るとよいようです。臭いの付いた場所を特定できなければ,部屋中に柑橘系スプレーを撒いておくと1週間ほどで臭いはなくなるとのことです。

スポンサードリンク