カメムシの臭いは臭わない時は分かりませんが、臭う時はどのような場所から臭うのでしょうか?

気になったのでリサーチしてみました。

カメムシの臭いはどこから臭ってくるのか?

カメムシの臭いはカメムシがいる時だけ臭うとは限りません。

例えば、いくら探してもカメムシがいないのに臭いだけ残っている時があります。

これは、様々なケースが考えられますが一つとしてカメムシの臭いが一定時間臭っている状態が維持されていることもあります。

このような時は、カメムシがいなくてもその臭いは強烈に残っていることがあります。

しかもかなり広範囲にわたって臭います。

カメムシの臭いは普段は、あまりしません。

ですが、カメムシにとって敵があらわれたと判断したらカメムシは逃げる為に強烈な臭いを出します。

カメムシがいるのに臭わないのは、カメムシが警戒していない時です。

カメムシ 臭い 感じない いない どこから

なぜカメムシは臭っているのに見つけることができないのか

当然カメムシが臭いだけ残していなくなったら、いくら探してもカメムシは見つかりません。

ちょっとした所に逃げ込んでいる時もありますが、長いこと経過して見つからない時は、臭いだけ残して逃げてしまったと考えるのが普通です。

臭いから想像するとかなり大きいカメムシを連想しますが、実際には小さなカメムシだったりします。

ただカメムシは臭いを出しながらも逃げていない場合があります。

この時は要注意ですね。

もし直接カメムシにさわった場合は、大変な臭いが体に付着します。

洗っても簡単には取れないこともありますよ。

一番臭いがきつく取れなくなるのは直接触れてしまうことです。

スポンサードリンク

まとめ

私の経験でカメムシの臭いはするけど、カメムシ自体が見つからないといったことがありました。とても不思議な体験だと感じました。しかし、それが何回か続いて原因を考えてみたところ、今回の調査結果のように臭いだけ残して逃げていったことにたどりつきました。

人に聞かないと分からないことですね。

あの小さい身体からしたら考えられないような悪臭をはなつカメムシですが、本当に人にとっては迷惑なだけですね。カメムシの臭いを利用したりすることもあると聞きますが、絶対に使用したくないものです。

 

 

 

スポンサードリンク