カメムシは見たことがありますが、極めて小さいなカメムシとかなり大きいサイズのカメムシとがいますね。気になったのでカメムシの大きさについて調査してみました。

マルカメムシの大きさと特徴は何でしょうか?

マルカメムシの大きさは極めて小さくて、5mm前後です。

色は茶色をしており見たことのある人も多いと思います。

気付いたら服についていたりします。

マメ科植物に寄生するカメムシです。

日本全国に生息しており、知っている人も多いでしょう。

クズという植物に特に寄生します。

これは高速道路などで見かけるツルのような植物です。

高速道路の近くにも人家があるので大問題ですね。

また、ある特定の条件がそろうと大量発生することがあり、その時は特別な処置が必要になります。

ニュースなどにもなる位マルカメムシは問題になる害虫でもあります。

カメムシ 種類 大きい 小さい

大きな種類のクサギカメムシはどれ位のサイズなのか?

クサギカメムシは大きいカメムシの種類で体長は15mm程になります。

前述したマルカメムシとは比較にならない位大きいですね。

この体調の差が、コレクターにはたまらないと言います。

私にはあまり理解できない世界ですね。

もしどちらが好きかと聞かれたら小さなマルカメムシの方を選びます。

クサギカメムシは日本全国で見られるカメムシの一種で害虫としても有名です。

本来は野山にいますが、耕作地にくることもあり、農家を困らせることもあります。

色は黒色をしており、イメージとしては頑丈な感じがします。

スポンサードリンク

まとめ

カメムシの大きさを比較したところ、1cm以上の差があるのに驚きました。また、大きさだけでくて、形状もさまざまです。かくばったいかにもカメムシといった種類もあれば、対照的に丸っこい種類もいます。

さらに気になったことは、人にとって害虫になるかどうかも色々です。ものによっては人の家の中にまで侵入する種類もいます。このような種類は人からしらた極めて嫌がられる害虫です。中に入ってきてあの異臭をまき散らすこともよくありますね。そして、体長が小さいなことから探すことが難しい。最悪の場合は、カメムシが複数侵入してきて手に負えないこともあります。

 

スポンサードリンク