カメムシという名前は、外観が亀に似ていることに由来しています。

クサムシ、ヘコキムシ、クサンボ、ヘッピリムシという俗称があります。

日本では約1000種類いると言われているカメムシですが、名前の由来を種類別で見ていきます。

カメムシの種類別の名前の由来

メクラカメムシの名称の由来は、単眼がなく、複眼が白目になっているからなどと言われていますが、改名のきっかけは「複眼があって見えているのにメクラカメムシはおかしい」とカスミカメムシを提唱した方がいたということです。

クサギカメムシの名前の由来は、クサギの木で見つけられたことでこの名前がついたようです。

エサキモンキツノカメムシの名前の由来は、日本の昆虫学の草分け的存在の、江崎悌三先生を敬っている人が、この虫を発見して、名前の頭にエサキを付けたと言われています。

モンキは「紋黄」で、背中にあるハートマークが黄色いため、黄色い紋があるという意味です。

羽のツノの所にツノ状の突起があり、この仲間を「ツノカメムシ」と呼んでいます。

ホオズキカメムシは、カメムシのことを古語でホウ、ホオと呼ばれていて、カメムシが好物の植物のことを『ホオ好き』、からホオズキと呼ばれたという説があるようです。

カメムシ 名前 由来

オオクモヘリカメムシ名前の由来は、クモのような足をもつ、ヘリのような長細い体のカメムシからきていると言われています。

ヨコヅナサシガメの名前の由来は、翅からはみ出た腹部の模様が横綱に似ていることからつけられたと言われています。

ナガメの名前は、菜の花につくカメムシから由来しているようです。

キバラヘリカメムシの名前の由来は、腹部全体が黄色いためにつけられたといわれています。

ツマキヘリカメムシの名前の由来は、触覚の先端が黄色いことからつけられたようです。

スポンサードリンク

まとめ

カメムシの名前は、外観が亀に似ていることに由来していて、種類別では、その色や形態から名前がつけられていることが多いです。他にもまだ多くの種類のカメムシの名前の由来があります。実物のカメムシや、写真、画像を観ると、カメムシの名前の由来が更にわかりやすくなるでしょう。

スポンサードリンク