おなじみのカメムシ。

自分が発したにおいで失神するほどというにおいなのですが、においの成分は何なのだろう?と気になったことはないでしょうか。

今回はにおいの成分について調べてみました。

なぜにおいを発するのか

まさに自分の身を守る「防衛反応」なのです。

ですから、わたしたちが触れると臭いのです。

そして、仲間に危険を知らせるためでもありますので、1匹がにおいを発すると集団でその場から逃げ出すそうです。

また、仲間を集めるフェロモンとしての効果もあるようで、その場合には少量のにおいを出すのだというのです。

すごい!調整できるのですね。

においの成分は?

カメムシのあの臭いにおいの成分は、古くから研究され悪臭のある酸が原因であると確認されています。

カメムシ酸と呼ばれ、ディセナール・ヘキサナール・オクテナールなどの成分を中心に組織されている酸です。

特ににおいのもととなるのは「トランス2ヘキセナール」といい、別名「青葉アルデヒド」です。

そうです、葉っぱなどの青臭いにおいの成分なのです。

野菜や果物にも含まれており、特にきゅうりにはこの成分が多いのです。

ですので、カメムシの臭いにおいを、きゅうりの腐ったにおいと表現する人が多いのです。

ちなみに、パクチーもこの成分が多く含まれていますので独特な臭いがするのです。

パクチーの和名はカメムシソウと言うくらいですから、そりゃそうですよね、苦手な人が多いのもうなずけます。

筆者もパクチーは苦手です・・・。

カメムシ 臭い 成分

においはどこから出るの?

幼虫は腹部背面、成虫は胸部腹側から出ます。

成虫になるとカメムシは羽を使って飛びます。

ですので、羽がじゃまになって背面からにおいを出すことはできないのです。

ですので、カメムシを見つけ駆除する時には腹側を刺激しないように触覚やわき腹を持つようにするとにおいがつきにくいので、手づかみする勇気のある方はお試しください。

スポンサードリンク

まとめ

カメムシは単に臭いだけとしか思っていませんでしたが、調べれば調べるほど、においひとつをとっても奥深さを感じてしまいますね。

スポンサードリンク