カメムシとゴキブリは、大きさ・色・形ともによく似ている種類と全く違う種類とがあります。

明らかに違うはマルカメムシやアオクサカメムシですね。色も形も違います。

しかし、大きさ・色・形すべてがよく似たものもあります。

今回はカメムシとゴキブリの性質の違いについて調べてみました。

さまざまな比較をしてみよう!

まず、両者の食べ物と食べ方についてです。

カメムシはストローのようなもので樹液などを吸うといったかんじです。

食べる」よりは「吸う」と言った方が近いかもしれません。

農園などに住み着くのもそのためですね。

ゴキブリは人間が生活している家の中の髪の毛や剥がれた皮膚、その他キッチンにある食材なんかを好みます。

食べ方も「むしゃむしゃ」といったかんじで、なんだかすべてにおいて人間と共存しているように思えてなりません。

このようなことからも分かるように、両者まったく別の生活です。

 進入経路について

カメムシもゴキブリもどうやって家の中に入ってくるのでしょう。

そもそも、ずっと外にいればまったく問題ないのに、いつの間にか家の中に居るのでやっかいなのです。

カメムシは1ミリの隙間があれば、窓枠などからも家の中に侵入します。

ぴったり窓を閉めていても防ぎようがないということでしょうか。

困ったものです。

そして、やっぱり皆さんを悩ませている、洗濯ものにくっついて知らない間に家の中に入ってしまっているということですね。

ゴキブリは5ミリの隙間があれば、排水溝などから這い上がって侵入してきます。

窓やドアを絶対に開けない生活をするのであれば入らないでしょうが、それは不可能でしょう。

そして繁殖力もすごいです。

1匹見つけたら何百匹とよく言いますが、2週間くらいで孵化するので家の中に卵を産まれると、一気に増えるのです。

カメムシ ゴキブリ 違い

動き方は?

カメムシは本当に生きているのか分からないくらいじっとしています。

ほとんど動きません。

なので捕まえることが簡単です。

ただ刺激しないように処理しないといけないのですが・・・。

一方ゴキブリはとにかく素早いですよね。駆除用のスプレーも市販されていますが、それをかけることも難しいくらいです。しかも飛びますから絶叫ものです笑

スポンサードリンク

まとめ

それぞれにはっきりした違いがあるカメムシとゴキブリ。両者の特徴を知って対処・駆除できるといいですよね。

スポンサードリンク